LP制作

LP制作の流れを初心者向けに解説!効果を上げるにはLP構成や運用も重要

LP制作をどういう流れで行っているのか知りたい」
「効果的なLP制作のためのコツや改善ポイントはある?」

特にWeb広告をうつ際に必要になるLP (ランディングページ) ですが、なんとなく制作してしまっている、という広報担当者の方はいませんか?

LPは説得力を持ってサービスや商品を魅力的に訴求していかなくてはならず、制作準備から公開後の運用まで、綿密に対応していく必要があります。

そのためには、正しいLP制作の流れや制作のポイントを把握しておかなくてはなりません。

本記事では、LP制作や構成制作の流れについて解説します。

LP制作のポイントや、運用後に重要なLPOについても解説しているので、これからLPを制作するご担当者や制作初心者の方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の結論
  • LP制作は正しい流れでポイントを押さえて制作する
  • 効果を発揮するLP制作は構成が重要
  • LPは制作後のLPOを含めた継続的な運用が大事

目次
  1. LP (ランディングページ) の目的
  2. LP制作の流れ
  3. LPの構成制作の流れ
  4. LP制作で重要なポイント
  5. 継続的なLPO (Landing Page Optimization) が何よりも重要
  6. 初心者におすすめのLP制作のコツ
  7. LP制作なら流れも熟知したクリエイターに依頼できる「びるどる」で決まり!
  8. まとめ 〜LP制作の流れを理解して効果的なページ制作を目指そう〜

LP (ランディングページ) の目的

ビジネスマンのタイピング・ゴール

LP (ランディングページ) の目的は、訪問者であるユーザーに対して具体的なアクションを促すことです。

このアクションとは、製品の購入、サービスへの登録、資料のダウンロード、イベントへの参加申し込みなど、ページごとに様々な目的を持っています。

LPの設計は、ユーザーがページ内で情報を得て、その情報をもとに意思決定を迅速に行い、最終的にはアクションに至るように促すことを目的としています。

この過程で重要なのは、ユーザーに対して価値を明確に伝え、ユーザーが求める解決策を提供することです。

LPは、訪問者の注意を引き、関心を持たせ、信頼を築き、アクションを促すための情報を提供するために、綿密に構成されます。

構成は、実際のセールスプロセスを模倣しており、訪問者がページをスクロールするにつれて、商品やサービスの価値を段階的に理解し、最終的にはアクションを起こすような流れになっていることが一般的です。

LP制作の流れ

「STEP」と書かれた積み木と人形

ページの訪問者を惹きつける魅力的なLPの制作には、十分な制作の準備と作業が不可欠です。

まずは、LP制作の流れとポイントを確認していきましょう。

①LP制作の目的を決める

LP制作は、何を達成したいのか、目的を明確にすることから始めましょう。

目的は、商品やサービスの購入促進、資料請求の増加、メルマガ登録の促進など、具体的なアクションに焦点を当てて決めましょう

目的が明確であればあるほど、LPはその目標に向けて最適化され、訪問者を効果的にアクションへと導きやすいLP制作ができます。

例えば、新製品の販売を目的とする場合、その製品の特長や利点を強調し、購入へのハードルを下げる情報を提供することが重要です。

②リサーチをおこなう

リサーチ

目的が決まったら、次にリサーチを行います。

競合のLPを分析し、市場のトレンドを把握し、ターゲット顧客の行動やニーズを深く理解しておきましょう。

リサーチを通じて、どのようなメッセージがターゲットに響くのか、どのようなデザインが効果的なのか、どのようなアクションを促すべきなのかといった、LP制作の方向性を定めるための貴重な洞察を得られます。

また、リサーチは、LPの差別化ポイントを見つけ出す上でも重要なため、できるだけ詳細に行いましょう。

③ペルソナや訴求内容を決める

リサーチに基づき、次にターゲット顧客、すなわちペルソナの特定と、そのペルソナに対する訴求内容を決定します。

ペルソナは、理想的な顧客像を具体的に描くことで、その人物が抱える問題やニーズに直接応えるコンテンツを作成するための基盤となります。

LP上で強調すべき商品やサービスの特徴、提供する価値、解決できる問題などが明確になるため、できるだけ詳細にペルソナ分析を行いましょう。

訴求内容は、ペルソナが抱える具体的な問題やニーズに対して、どのように自社の商品やサービスが最適な解決策であるかを伝えるメッセージです。

ペルソナがLPを訪れた時に「これはまさに私が探していたものだ」と感じさせるための、魅力的で説得力のあるコンテンツの作成の基となる資料を作成しましょう。

④LP構成(ワイヤーフレーム)を決める

デザイン作成の前段階として、LPの構成、つまりワイヤーフレームを決める作業を行います。

ワイヤーフレームは、ページの基本的なレイアウトや要素の配置を決定するための設計図です。

どの情報をどこに配置するか、ユーザーがページを訪れたときにどのような情報の流れで導かれるかを検討し決定しましょう。

ファーストビューに何を置くか、どのようにして訪問者の関心を引きつけるか、そして最終的にアクションに至るまでのプロセスを明確にします。

ワイヤーフレームを作成することで、デザインとコンテンツ制作の方向性が定まり、効率的に作業を進めることができます。

詳しくはこの後の見出しを参考にしてください。

⑤デザインを作成する

情報や基となる資料を作成したら、実際にLP制作作業に入っていきます。

まずは、ターゲット顧客の注意を引き、関心を持ってもらえるような魅力的なビジュアル作り、つまりデザインを作成していきます。

デザインは、訪問者に与える第一印象を決定づけるため、商品やサービスの特性を反映させつつ、訪問者が求める情報を直感的に理解できるように構成することが肝心です。

色使い、フォント選び、画像の配置など、細部にわたって慎重に選定し、ターゲットに響くデザインを心がけましょう。

また、ブランドイメージとの一貫性を保ちつつ、アクションを促す要素(例:申し込みボタン)を際立たせることも重要です。

⑥コンテンツを作成する

SEOに強いブログ記事の書き方!なイラスト素材

ワイヤーフレームとデザインが決定したら、次はコンテンツの作成に移ります。

ターゲット顧客に伝えたいメッセージや情報を具体的なテキスト、画像、動画などのデータを盛り込みましょう。

コンテンツは、訪問者に価値を提供し、興味や関心を喚起させるための重要な要因となるため、ペルソナ分析で得た洞察を活かして、ターゲットに響く内容や、サービスや商品を手にしているイメージをしやすいページ作成を心がけましょう。

また、SEO対策を意識したキーワードの選定や、読みやすいテキスト構成も重要です。

コンテンツは、訪問者を最終的なアクションへと導くための説得力のあるストーリーを構築するための基盤となります。

⑦ライティングやキャッチコピーを作成する

ランディングページの心臓部とも言えるのが、ライティングとキャッチコピーです。

訪問者の注意を引き、興味を持たせ、最終的にアクションを促す文言を練り上げます。

重要なポイントは、ターゲットとなるユーザーのニーズや悩みに直接訴えかける内容を作成することです。

例えば、製品の特長ではなく、その製品を使うことでユーザーがどのようなメリットを得られるのかを強調します。

また、キャッチコピーは、ページを訪れた瞬間にユーザーの目を引くため、インパクトがあり、記憶に残るものでなければなりません。

信頼性を高めるために、具体的なデータや証言を引用するのも有効です。

⑧コーディングを実装する

デザインとコンテンツが完成したら、それをWebページとして実際に機能させるためのコーディング作業に移ります。

この段階では、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を用いて、デザインをコードに変換し、ユーザーが実際に訪問し閲覧できるページを作成します。

レスポンシブデザインの実装も重要で、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスでページが適切に表示されるようにします。

また、ローディング時間の最適化やSEO対策もこの段階で行います。

コーディングでデザインとコンテンツを結びつけ、ランディングページを「生きた」マーケティングツールに変えていきましょう。

⑨公開・効果測定

アクセス解析をする男性のイラスト素材

コーディングまでの作業を追えたら、実際に公開してLP制作自体は完了です。

ですが、LPは公開して終わり、ではありません。

LPの公開後は、Googleアナリティクスなどのツールを用いて、ページのパフォーマンスを定期的に測定します。

どの部分がうまく機能しているのか、どこが改善点なのかを把握し運用していくことが重要です。

訪問者の行動分析を通じて、ページのどの部分に最も時間を費やしているのか、どのCTAが最もクリックされているのかなど、具体的なデータを収集していきましょう。

このデータを基に、LPを継続的に最適化し、コンバージョン率の向上を目指します。

LPを通じて最大限の成果を得るためにLPO (ランディングページ最適化) を行いましょう

こちらも後ほどの見出しで解説します。

LPの構成制作の流れ

ウェブサイト テンプレート・ワイヤーフレーム・モックアップ

LP制作の全体の流れを理解したうえで、次にLPの構成について深く見ていきましょう。

LPの構成は、説得力を持って訪問者にサービスや商品をプレゼンテーションしていくために大変重要です。

各セクションの特徴を理解し、訪問者に十分に訴求できる内容を目指しましょう

ファーストビュー

ファーストビューは、ランディングページを訪れた人が最初に目にする部分で、そのページの「顔」とも言えるでしょう。

訪問者がページに留まるか、離れてしまうかを決定づける重要な箇所にもなります。

ファーストビューには、訪問者の興味を引き、ページを読み進めてもらうための魅力的な要素を盛り込むことを意識しましょう。

  • キャッチコピー
  • メインビジュアル画像
  • CTA (Call To Action) ボタン

キャッチコピー

キャッチコピーは、「このページで何が得られるのか」「どんな価値があるのか」という訪問者に対してのベネフィットを簡潔に伝えます

そのため、ファーストビューのなかでも最重要なパートになります。

キャッチコピーは、訪問者の好奇心を刺激し、ページ内の詳細を知りたいと思わせるもの効果的なワードでなければなりません。

具体的なメリットや解決できる問題を提示し、訪問者の関心を引きつけましょう。

メインビジュアル画像

メインビジュアルは、商品やサービスの魅力を伝えるための画像や動画です。

メインビジュアルは、キャッチコピーと連動して、訪問者の興味を引きつけられるので、訪問者の感情に訴えかけ、理想の未来や解決できる問題をイメージさせるビジュアルを選びましょう。

CTA (Call To Action) ボタン

CTAボタンは、訪問者に具体的な行動を促すためのボタンを指します。

「今すぐ購入」「無料で試す」「詳細を見る」など、訪問者が次に取るべきアクションを明確に提示し、CTAは目立つ位置に配置して、訪問者が行動しやすいように設計します。

色やサイズ、文言によっても効果は変わるので、工夫を凝らし、訪問者のクリックを促しましょう。

ボディコピー【興味関心】

3つあるボディコピーの最初の部分では、訪問者の興味や関心を一層深める内容を展開します。

商品やサービスが解決できる具体的な問題を提示し、訪問者が直面している可能性のある悩みに対して共感を提示しましょう。

この共感がページを訪問者にとっての「自分ごと化」にさせ、さらに内容を読み進めてもらいやすくなります。

例えば、美容製品のランディングページであれば、「年齢とともに気になる肌の悩みに、あなたはどう対処していますか?」と問いかけ、訪問者自身の悩みを想起できます。

この段階で、訪問者に自分の問題が解決できるかもしれないという期待を持ち始めてもらえるようにします

ボディコピー【説得・エビデンス】

次のボディコピーでは、訪問者の興味関心を具体的な行動に移すための説得とエビデンスの提示が重要になります。

ここでは、商品やサービスの具体的な特徴、利点、そしてそれらがどのように訪問者の問題を解決できるのかを明確にします。

さらに、科学的な研究結果や、製品テストのデータ、顧客の成功事例など、具体的なエビデンスを提示し、訪問者を説得しましょう。

例えば、ダイエットサプリメントの商品ページでは、「最新の臨床試験で、平均5kgの減量に成功したことが証明されました」といったエビデンスを提示する等です。

具体的なデータを用いることで、サービスや商品の信ぴょう性や、訪問者からの信頼、製品への関心などをさらに高めやすくなります。

ボディコピー【信頼】

訪問者が商品の購入やサービスの申込みに至るには、商品やサービスへの信頼がなければなしえません。

ボディコピーの3段階目では、ほかの顧客のレビューや推薦、賞や認証、メディアでの言及など、第三者からの肯定的な意見を紹介しましょう。

訪問者に対して、ほかの多くの人々が既に価値を認め、信頼していることを示せます。

例えば、「10,000人以上の女性が選んだ美容クリーム」といった表現や、業界著名人からの推薦文を掲載することで、製品への信頼性を高めやすくなります。

また、FAQセクションを設けて、訪問者が持つかもしれない疑問や懸念に前もって答え、信頼を深めるのも良いでしょう。

第三者からの意見や実績がうたえない場合は、「耐久試験1,000回をクリア」等の制作上での実績や活用例などの有益な情報を提示するのもおすすめです。

クロージング

クロージングはLPの締めくくりとなり、訪問者を最終的なアクションへと導く重要な部分です。

訪問者が提供された情報をもとに、購入や問い合わせなどの具体的な行動を起こすための最後の一押しを行います。

  • CTAボタンの配置
  • 限定オファーの提示
  • 信頼性の強調
  • シンプルな流れや操作を意識

CTAボタンの配置

クロージングにおいて最も重要なCTAボタンを配置しましょう。

CTAボタンは目立つ色でデザインし、訪問者の注意を引きつけるようにします。

また、「今すぐ購入」「無料で試す」「詳細を見る」など、行動を促す具体的なメッセージを含めると効果的です。

限定オファーの提示

訪問者のアクションを促すために、限定オファーや特典を提示することも有効です。

例えば、「今だけの特別割引」「先着◯名様に特典をプレゼント」など、限定性を感じさせることで、訪問者に「今すぐ行動しなければ損をする」という感覚を抱かせることができ、訪問者の早期決断を促しやすくなります。

信頼性の強調

クロージングでは、商品やサービスの信頼性を再度強調することも重要です。

返金保証や品質保証など、訪問者が安心してアクションを起こせるような保証を提示することで、最後の一押しとなります。

また、成功事例や顧客の声を再度紹介し、訪問者の信頼をより強固なものにしましょう。

シンプルな流れや操作を意識

訪問者がアクションを起こしやすいように、申込みや購入までのプロセスをできるだけ簡単にしましょう

例えば、問い合わせフォームは必要最低限の項目に留め、入力が簡単になるように工夫します。

また、登録や購入プロセスを複数ステップに分ける場合は、各ステップで何をすべきかを明確にし、訪問者が迷わないようにすることで、申込みや購入の離脱者を防げます

LP制作で重要なポイント

ポイント

LP制作の流れについて見てきましたが、LP制作はページの内容のほかに、ユーザー目線や運用目線で気をつけていきたい重要なポイントがあります。

以下のポイントに気をつけて、効果的なLP制作を目指しましょう。

レスポンシブ対応のLP制作をする

レスポンシブデザイン

現代のインターネット利用者は、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスを使用して情報を得ています。

そのため、どのデバイスからアクセスしても快適に閲覧できるレスポンシブデザインのLP制作が不可欠です。

レスポンシブデザインは、画面のサイズに応じてコンテンツのレイアウトが自動的に調整されるため、ユーザー体験が向上し、離脱率の低下にもつながります

特にスマートフォンユーザーが増え続ける今、レスポンシブ対応は必須の条件と言えるでしょう。

ユーザー目線で制作する

LPを制作する際には、自社の商品やサービスを紹介したいという事業者側の意図も大切ですが、それ以上に「ユーザーが何を知りたいのか」「どのような悩みを持っているのか」を深く理解し、それに応える内容を心がけることが重要です。

ユーザー目線で制作することで、訪問者の関心を引き、信頼を築き、最終的なアクションへと導きやすくなります。

ユーザーのニーズや疑問に対する答えを、わかりやすく、魅力的に伝えられるページを制作しましょう。

機能や特徴ではなくベネフィットを提示する

多くのLPでは、商品やサービスの機能や特徴が詳細に説明されていますが、実際にユーザーが求めているのは「その商品を使うことでどのような良い変化があるのか」、つまりベネフィットです。

ベネフィットを明確に提示することで、ユーザーは自分の問題がどのように解決されるのかを具体的にイメージでき、購入や問い合わせへの動機付けになります

例えば、「使用後は肌が24時間潤い続ける」や「毎月の経理作業が半分の時間で完了する」など、ユーザーが得られる具体的なメリットを前面に出しましょう。

ファーストビューに力を入れる

ファーストビューは、訪問者がLPに到着した瞬間に目にする最初のエリアです。

この部分での印象が、その後のページ滞在時間や行動に大きな影響を与えます。

訪問者の注意を引き、興味を持ってもらいやすくなるため、商品やサービスの最大のメリット、つまりユーザーにとっての最大のベネフィットを明確に提示し、魅力的なファーストビューにすることが重要です。

また、視覚的な魅力も忘れずに、鮮やかな画像や動画、インパクトのあるキャッチコピーを用いて、訪問者の興味を引きつけましょう。

押したくなるCTAにこだわる

Call To Action・CTAのイラスト素材

CTA (Call To Action) は、訪問者に具体的な行動を促すためのボタンやリンクです。

このCTAのデザインや文言にこだわることで、訪問者の行動を促しやすくなります

CTAはただ目立つだけでなく、訪問者が押したくなるような魅力的なメッセージを含めることが大切です。

例えば、「今すぐ始める」「無料で試す」など、行動を促す明確なメリットを提示しましょう。

また、CTAの位置も重要で、訪問者の目につきやすい場所に配置することが効果的です。

流入元となるWeb広告との一貫性を保つ

LPへの訪問者は、多くがWeb広告などから流入してきます。

そのため、広告のメッセージやデザインとLPの内容が一貫していることが重要です。

広告で提示したオファーやメリットがLPで明確に説明されていないと、訪問者は混乱し、信頼を失う可能性があります。

また、LPだけではなく、Webサイト全体のバランスやイメージをしっかり保つことも忘れずに行い、広告の内容更新の際には、LPもリンクさせることも忘れてはいけません。

広告とLPのメッセージを一致させ、訪問者の期待に応えることで、コンバージョン率の向上を目指しましょう

更新しやすい運用環境を整える

コーディング・マークアップ・webデザイン・レスポンシブデザインのイラスト

LPは一度作成したら終わりではありません。

市場の変化やユーザーの反応に応じて、内容を更新し、最適化していく必要があります。

そのためには、誰でも簡単に更新できる運用環境を整えておくようにしましょう

ノーコードツールを活用することで、専門的な知識がなくても、テキストや画像の変更、新しいセクションの追加などが容易になります。

迅速な更新と最適化を通じて、LPのパフォーマンスを継続的に向上させましょう。

継続的なLPO (Landing Page Optimization) が何よりも重要

LPO (Landing Page Optimization)

ランディングページの最適化(LPO)は、一度きりの作業ではありません。

市場の変化、ユーザーのニーズの変動、競合の動向など、外部環境は常に変わり続けています。

そのため、LPも様々な変化に応じて継続的に改善し続ける必要があります。

ここでは、継続的なLPOを成功させるための重要なポイントを解説します。

離脱ポイントを探す

LPの各セクションは、完璧なものではなく、多くにそれぞれ改善の余地があります。

LP上でユーザーがどこで離脱しているかを特定することで、改善すべき箇所を特定できます。

ヒートマップツールやGoogleアナリティクスなどのツールを活用して、どのセクションでユーザーが離脱しているか、どのCTAが最も効果的かなど、ユーザーの行動パターンを詳細に追跡し、具体的なデータに基づいて分析を行いましょう

改善点を導き出すためには、ユーザーの行動分析やフィードバックの収集が欠かせません。

特に、ファーストビューでの離脱率が高い場合や、特定のセクションでスクロールが止まる場合は、その部分に問題がある可能性が高いと考えられます。

離脱ポイントを明確にした上で、コンテンツの見直し、デザインの改善、CTAの最適化など、具体的な改善策を講じていきます。

改善テストを繰り返す

ABテストのイメージ(WEBサイト)

改善点が明確になったら、次はその改善策をテストする段階に入ります。

A/Bテストは、異なるバージョンのランディングページを同時に運用し、どちらがより高いコンバージョン率を達成するかを比較する方法です。

テストを通じて、最も効果的なデザインやコピー、CTAの配置などを見つけ出しましょう

テストは一度きりではなく、継続的に行うことで、ランディングページを徐々に改善していきます。

諦めず、根気強く改善を試みていく継続性が重要です。
<

ユーザビリティを重視する

LPの最適化では、ユーザビリティの向上を常に意識しましょう。

ユーザビリティの高いLPは、ユーザーの満足度を高めるだけでなく、コンバージョン率の向上にも直結します。

ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるようにする、ページの読み込み速度を速くする、スマートフォンやタブレットでも快適に閲覧できるようにするなど、ユーザーの利便性を最優先に考えた改善を心がけましょう。

問い合わせが増えただけでは成功とは言えない

問い合わせ数の増加は、表面的な成功の指標に過ぎません。

重要なのは、問い合わせがどれだけ質の高いリードであり、最終的にどれだけの成約につながるかです。

問い合わせが多くても、成約に至らない問い合わせばかりでは、ビジネスの成長には寄与しません。

したがって、問い合わせから成約までのプロセス全体を見直し、どの段階でユーザーが離脱しているのか、成約率を高めるためにはどのような改善が必要なのかを徹底的に分析し、LPに反映していきましょう。

PDCAサイクルを回し長期的な運用を目指す

PDCAサイクルのイメージイラスト

LPの最適化は、計画 (Plan)、実行 (Do)、評価 (Check)、行動 (Act) のPDCAサイクルを繰り返すことで、効果を最大化します。

このサイクルを効率的に回し、LPのパフォーマンスを徐々に向上していきます。

市場やユーザーのニーズの変化に応じて、LPの内容を定期的に更新し、ユーザビリティの向上を図りながら、長期的な視点での運用を目指しましょう。

また、新しいトレンドや技術を取り入れ、ページ内の代謝を良くし、ユーザーに新鮮な体験を提供し続けることも重要です。

初心者におすすめのLP制作のコツ

積み木・びっくりマーク

LP制作は、ビジネスの成果に直結する重要な作業ですが、初心者はどんなツールや方法で制作したらいいかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

この見出しでは、初心者でも効果的なLPを制作するためのコツを紹介します。

無料作成ツールを使用する

初心者でも簡単にLPを作成できるように設計された、無料のLP作成ツールがあります。

テンプレートベースで操作が直感的なため、特別な技術知識がなくてもある程度のクオリティのページ作成が可能です。

ツールの多くは、ドラッグ&ドロップのインターフェースを提供しており、画像やテキスト、ボタンなどの要素をページ上に自由に配置できます。

無料ツールの中には、SEO対策機能やアナリティクス機能を備えたものもあり、制作したページのパフォーマンスを追跡しやすいのも魅力です。

まずは無料のツールで作業になれてから、本格的なページ作成を試みても良いでしょう。

WordPressを使用する

WordPressは、その柔軟性と拡張性から世界中で広く使用されているコンテンツ管理システム (CMS) です。

初心者でも扱いやすい多数のテーマとプラグインが提供されており、コーディングスキルがなくても効果的なLPを制作できます。

WordPressのテーマには、ビジネス向け、ブログ向け、Eコマース向けなど、様々な用途に特化したものがあり、マルチに活躍してくれるので非常に便利です。

また、フォーム作成プラグインやSEOプラグインを追加することで、LPの機能をさらに強化できます。

Googleの上位表示条件としてもWordPressの使用が推奨されているので、迷ったらWordPressを使用してみることをおすすめします。

制作会社やフリーランスに依頼する

パソコン・ミーティング

予算が許すなら、制作会社やフリーランスのプロフェッショナルにLP制作を依頼するのも一つの方法です。

専門知識を持ったプロに依頼することで、戦略的に設計された高品質なLP制作を短期間で叶えられます。

また、制作会社やフリーランスは、LPの設計だけでなく、コンテンツの作成、SEO対策、ユーザビリティの向上など、LP運用の全般にわたってサポートしてくれることが多いです。

依頼する際は、過去の実績や専門分野、料金体系を事前に確認し、自社のニーズに合ったパートナーを選ぶようにしましょう。


LP制作は、目的に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

無料ツールやWordPressを活用することで、初心者でも手軽に始められますが、より専門的な知識やカスタマイズが必要な場合は、プロフェッショナルに依頼するのが良いでしょう。

いずれにせよ、ユーザーの視点に立って、魅力的でわかりやすいLPを目指しましょう

LP制作なら流れも熟知したクリエイターに依頼できる「びるどる」で決まり!

びるどるLP制作-300_250

LP制作は、実際に制作に入る前の事前準備と、構成を含めた制作それぞれを綿密に行うことで、効果の高いページを作成できることがわかりました。

また、LPはユーザーに訪問してもらってはじめて意味を成すもので、常に訪問数やコンバージョン率の解析などを行いながら、少しでも目標を達成できるための改善を行っていく必要があります。

そのためには、プロに依頼するのがいちばんの近道ですが、予算や自社内製と合わせて制作から運用までを行いたいですよね。

フリーランスのエンジニアやクリエイターとつながれる「びるどる」なら、予算や依頼内容に合わせた最適なチームで、自社に最適なLP制作と運用を行えます。

必要な内容をコスパ良く依頼できる

びるどるでは、UI/UXを考えた効果的なLP制作を10万円〜の手頃な値段で対応しており、そのほか様々な内容をカスタマイズしながら、ご要望に沿った制作や運用を承っています。

制作したいサイト 制作費用 詳細
小規模サイト 50,000円~ 簡単なコーポレートサイト・公式サイト、個人のホームぺージ制作に最適です。
大規模サイト 300,000円~ ページ数が多いポータルサイト、事業のサービスサイトの制作に最適です。
ブログサイト 30,000円~ SEO対策を考慮した、アクセス数の増えやすいブログサイトを制作依頼に最適です。
ECサイト 30,000円~ 個人や法人を問わず、すぐに利用できるECサイトの立ち上げに最適です。

【+オプション料金でできること】
ロゴ制作/写真撮影/動画制作/コンテンツ追加/保守・運用

個人に依頼することで一般的なLP制作の費用相場よりも安く抑えられ、少ない予算でもクオリティの高いLP制作が可能です。

また、依頼内容に合わせた制作チームが対応するので、自社に合った最適なLP制作がかないます。

IT/Webに関する豊富な制作実績

びるどるに登録している2,000名のフリーランスは、IT/Webに関する豊富な知識を有し、多くの制作実績を持つプロフェッショナルばかり

LP制作はもちろん、そのほかのサイト制作など、IT/Webに関することならなんでもご相談いただけます。

紹介しているフリーランスは、スキルや実力はもちろん、人柄を含めた総合的な評価を受け、依頼者のパートナーとなるにふさわしいコミットメントパートナーのみ。

実績豊富なプロデザイナーとプロマーケターがタッグを組んで制作するため、デザイン性・機能性・収益性の三拍子揃ったLP制作が可能です。

専属のコンシェルジュによるサポートが充実

コンシェルジュ

ご利用者様一組ずつに、専属のコンシェルジュがつき、しっかりとご利用をサポートしています。

そのため、「LP制作初心者で、何から決めたらいいかわからない」「いろいろ相談しながら決めていきたい」という方にもぴったりです。

コンシェルジュが丁寧にヒアリングを行い、ご依頼に合わせたクリエイターチームを組むので、ご自身で複数の制作会社やエンジニアに問い合わせる手間も省けますね。

びるどるLINE登録のボタン-20231215

びるどるフォームからの相談ボタン-20231215

まとめ 〜LP制作の流れを理解して効果的なページ制作を目指そう〜

本記事では、主にLP制作の流れについて解説しました。

LP制作はしっかりと順序立て、必要な情報やデータをもとに、LP訪問者に正しく訴求できるページを作成することが大事です。

そのためにも、制作の正しい流れや、CVに導く効果的な構成内容を理解する必要があります。

また、ページ公開後のデータ解析と改善を行うPDCAサイクルを回しながらの長期的な運用が目標達成には不可欠です。

ぜひ記事の内容を参考に、最大限効果を発揮するLPを制作・運用していきましょう。

そして、LP制作にお悩みがある方は、ぜひ「びるどる」にご相談ください!

LP制作のプロが、訪問者に「刺さるLP」を制作し、CV達成をサポートします。

LINEから無料相談