ホームページ制作

ホームぺージは3万円で制作してもらえる?格安で外注依頼できるサービスも紹介

「ホームページ制作の予算が3万円。格安で外注依頼できるところなんてある…?」

ホームページ制作に予算を割けず、こうお思いの方も多いです。

たとえば新規事業を立ち上げていて、ホームページ制作に費用をあまり割けないとなると、できるだけ格安で制作してもらえる業者/サービスがないか気になるところ。

また、3万円という少額でどこまで対応してくれるか気になりますよね。

ではホームぺージ制作は3万円でどこまでできるのか、詳しく解説していきます。

ホームぺージ制作を3万円で依頼するとどこまでできる?

もし外部(業者・フリーランスなど)に3万円でホームページ制作を依頼した場合、具体的なおよその作業範囲は以下のとおりです。

  • TOPページ
  • カンタンな事業紹介ページ
  • 会社概要
  • お問い合わせ

制作ページ数でいうとTOPページを含めて合計4ぺージほど、機能も問い合わせや事業紹介など必要最小限にとどまります。

また3万円だと、ノーコードツールでの制作になるケースが考えられます。

3万円でホームページ制作を外注するならどこがいい?

3万円でホームページ制作を外注する場合、次の方法で依頼するのがおすすめです。

  1. フリーランス個人に依頼する
  2. 格安で対応してくれるホームページ制作会社に依頼する

フリーランス個人に依頼する

女性のフリーランスデザイナー・エンジニア

3万円の予算であれば、フリーランスのエンジニア・デザイナーに依頼して制作してもらえます。

フリーランスは事務所や従業員を抱えないぶん低コストで制作できるうえに、直接やり取りができるため要望を伝えやすいです。

また小規模なプロジェクトや納期の調整にも柔軟に対応してもらいやすいのもポイントです。

フリーランスに依頼する際は事前にポートフォリオや制作実績を確認し、プロジェクト完了後のアフターサポートや保守管理をどうするか、前もって確認しておくことが重要です。

また低予算のために機能制限が生じかねません。期待するサイトの機能・見た目を明確に伝え、実現可能かどうかを確認しましょう。

格安で対応してくれるホームページ制作会社に依頼する

ホームページ制作会社のイメージ

ホームページの制作会社のなかには、3万円前後の格安料金で対応してくれるものもあります。

制作プロセスが効率化されていたりやテンプレートを活用したりと、コストを抑えてサービスを提供します。

しかし低予算での依頼には、品質やカスタマイズの度合いに影響が出る可能性がありますので注意です。

なお基本パッケージは3万円程度で非常に安価ですが、追加ページや特別な機能を要求すると追加料金が発生することがありますので気を付けましょう。

3万円でホームページ制作を依頼するときのデメリット

3万円という限られた予算だと、ホームページ制作にはかなりの制約があります。

外注の前に、以下のデメリットも把握しておきましょう。

  • 機能性やデザインがかなり限られる
  • SEO対策が不足しやすい
  • プロフェッショナルな印象が欠如しやすい
  • サポートとコミュニケーションの不足しやすい

機能性やデザインがかなり限られる

予算3万円では、シンプルなテンプレートにもとづいた基本的なデザインしか選べません。

オリジナリティのあるカスタムデザインや特定の機能要求に応えることが難しく、競合他社との差別化がかなり困難になります。

SEO対策が不足しやすい

Webサイトの訪問者数を増やすためにもSEOは重要。

ですが3万円の予算では適切なSEO対策を施せません。

もし自社でSEO対策ができれば問題ありませんが、外部に依頼する際は3万円だと対応が難しいことを念頭に置きましょう。

プロフェッショナルな印象が欠如しやすい

予算が限られているため、サイトが安っぽく見えるか、プロフェッショナルな印象を与えられない恐れがあります。

これにより訪問者や潜在顧客に対しての、信頼性が損なわれることが考えられます。

サポートとコミュニケーションの不足しやすい

低予算のプロジェクトでは、制作者との密接なコミュニケーションや手厚いアフターフォローに期待できないケースが多いです。

よって制作したホームページに問題が発生した際に、適切なサポートを受けられない可能性があります。

長期的な費用対効果の低下

初期コストを抑えることができたとしても、ここまで解説したデメリットにより、長期的には追加費用が発生することが予想されます。

よって、最終的には費用対効果が低下する恐れもあるわけです。

3万円でホームページを外注する際の注意点

3万円という少額でホームページ制作を外注するときは、以下の点に注意しましょう。

テンプレートのみの制作になっていないこと

テンプレートを使用したホームページ制作は、低コストかつ短時間でサイトを立ち上げられるため、予算が3万円の場合は魅力的です。

しかしテンプレートのみを使用した制作には、こんなデメリットがあります。

デメリット 詳細
オリジナリティが欠けやすい テンプレートは誰でも利用できる分、他の多くのサイトとデザインが重複する可能性があります。これによりブランドの個性や独自性が失われかねないめ、ホームぺージ訪問者に強い印象を残すのが難しくなります。
カスタマイズの制限 多くのテンプレートはカスタマイズが限られており、特定のニーズや機能要件を満たすのが難しいことがあります。これにより、サイトの将来的な拡張性や柔軟性が制限される恐れがあります。
SEO対策の問題 テンプレートは一般的にSEO(検索エンジン最適化)に最適化されているとは限りません。これにより、検索結果でのサイトの可視性が低下する恐れがあります。

安価に依頼できるとはいえ、テンプレートのみでホームページ制作を制作する会社への外注は避けるのが無難です。

制作会社にドメインの所有権が渡らないか

ドメイン名はインターネット上でのビジネスのアイデンティティとして機能し、ブランド価値やオンラインでの可視性に直接影響を与えます。

そのためドメインの所有権はビジネスオーナー自身が保持するべきです。また下記の観点から、制作会社にドメインの所有権が渡らないように注意が必要です。

ポイント 詳細
コントロールと柔軟性の確保 自身でドメインの所有権を保持していれば、将来的にWebホスティングやデザインを変更したい場合は柔軟に対応できます。もし所有権が制作会社にあると変更が困難になり、追加費用が発生する恐れがあります。
ブランド保護 ドメイン名はビジネスのブランドと密接に関連しています。所有権を制作会社に譲渡してしまうと、ビジネスの重要な資産を他者の手中に委ねることになり、ブランド価値を自己管理できなくなります。
長期的なコスト削減 所有権が制作会社にある場合、ドメインの更新・管理に関連する費用が高くつくことがあります。自分で管理すれば、こうしたコストをコントロールしやすくなります。

運用管理の費用も考慮すること

3万円でホームページを外注する際、初期制作費用だけでなく、将来の運用管理の費用も考慮することが非常に重要です。

ホームページの制作にはデザインやコーディングだけでなく、公開後の運用管理が伴います。

これにはサーバーの維持費、ドメインの更新費用、コンテンツ更新やシステムアップデートなどが含まれ、これらはすべて追加費用がかかります。

そこで、以下のポイントを考慮しましょう。

ポイント 詳細
レンタルサーバー費用 ホームページをインターネット上で公開するためには、レンタルサーバーが必要です。サーバーの種類やプランによって料金は異なりますが、月額または年額での支払いが必要です。
ドメイン更新費用 ホームページのアドレスとなるドメインも、定期的な更新が必要です。更新忘れるとドメインを失う恐れがあるため、更新費用も予算に組み込む必要があります。
コンテンツ更新・メンテナンス費用 ホームページの情報を最新の状態に保ち、ユーザーに魅力的なコンテンツを提供し続けるためには、定期的な更新が必要です。自社で対応できる場合もありますが、専門的な知識が必要な作業は外部に委託することになり、これには別途費用が発生します。
セキュリティ対策費用 ホームページのセキュリティを保つための対策も重要です。セキュリティ対策は専門的な知識を要するため、これに関わる費用も考慮に入れる必要があります。

これらの運用管理の費用はホームページの性質や規模、更新の頻度によって大きく変わるため、事前にしっかりと計画を立てて、予算を確認しておくことが大切です。

また外注先との契約前に、これらの費用についても明確にしておくことで、後々のトラブルを回避につながります。

見積もり段階で設定価格の根拠を確認すること

3万円という予算内で制作をおこなう場合、どのような作業が含まれているのか、またその作業にかかる費用が妥当かを理解する必要があります。

そこで以下の点に注意して、見積もり内容を確認しましょう。

ポイント 詳細
作業内容の明確化 具体的にどのような作業が予算内で実施されるのか、詳細に確認しましょう。デザイン、コーディング、コンテンツ作成など、プロジェクトに含まれる各タスクの範囲と内容を把握することが重要です。
追加費用の有無 見積もりの範囲外で発生する可能性のある追加費用についても、事前に確認しておくことが大切です。追加機能の実装やデザインの変更などが発生した場合の費用について、明確にしておきましょう。
価格設定の根拠 見積もりに記載された価格がどのように算出されたのか、その根拠を理解しましょう。価格設定に納得できる説明がなければ、不明瞭な費用が含まれている可能性があります。
品質と価格のバランス 低価格でのホームページ制作を選択する場合、品質とのバランスを考慮する必要があります。価格が安いことの理由と、それに伴う品質のレベルを把握し、自社の要求に合致しているかを評価しましょう。

見積もり段階でのこれらの確認を通じて、プロジェクト全体の透明性を高め、後々の誤解やトラブルを避けるための基盤を築けます。

費用対効果の高いホームページ制作を目指し、外注先とのコミュニケーションを大切にしてください。

最低契約期間が設けられていないか

3万円でホームページを外注する際、最低契約期間の有無は重要なチェックポイントです。

一部の格安対応の制作会社やフリーランスは、低価格でサービスを提供する代わりに、一定期間の継続契約を条件としている場合があります。

最低契約期間が長期に設定されていると、短期間での更新や変更が必要になった際に柔軟に対応できないリスクがあります。

また、契約を途中で解除した場合の違約金が発生する恐れもあるため、契約内容をしっかりと確認しましょう。

3万円でどこまで対応してくれるか確認すること

制作費用が3万円という場合、具体的にどの範囲の作業が含まれるのかを明確にすることが必須です。

基本的なデザインからコンテンツの作成、SEO対策まで、包括的なサービスが含まれるのか、あるいはデザインのみで追加のコンテンツ作成や機能追加には別途費用がかかるのかを事前に確認しましょう。

また、レスポンシブデザインの対応や、CMS(コンテンツ管理システム)の導入が含まれているかも重要なポイントです。

ホームぺージ制作を安く済ませるなら「びるどる」

びるどる_300_250

びるどるは、プロのフリーランスエンジニア・デザイナーにホームぺージ制作・デザイン制作を外注できる、新しいマッチングプラットフォーム。

制作したいサイト 制作費用 詳細
小規模サイト 50,000円~ 簡単なコーポレートサイト・公式サイト、個人のホームぺージ制作に最適です。
大規模サイト 300,000円~ ページ数が多いポータルサイト、事業のサービスサイトの制作に最適です。
ブログサイト 30,000円~ SEO対策を考慮した、アクセス数の増えやすいブログサイトを制作依頼に最適です。
ECサイト 30,000円~ 個人や法人を問わず、すぐに利用できるECサイトの立ち上げに最適です。

【+オプション料金でできること】
ロゴ制作/写真撮影/動画制作/コンテンツ追加/保守・運用

費用は安くコスパが抜群。ECサイトやブログサイトは3万円から、小規模サイトなコーポレートサイトであれば50,000円から対応できます。

フリーランス個人に制作を直接依頼できるため、価格が相場よりグッと安い点が魅力です。

また制作期間は最短5日程度でスピーディー。費用も抑えられるのでコスパもバツグンです。

びるどるLINE登録のボタン-20231215

びるどるフォームからの相談ボタン-20231215

まとめ~3万円でホームぺージ制作を外注するときのポイントを押さえよう~

ホームページ制作を3万円の予算で考えている場合、選択肢は限られますが、賢く選べば必要な基本的なサイトは構築可能です。

フリーランスや格安のホームページ制作会社への依頼は、コストを抑えつつも、直接のコミュニケーションや柔軟な対応が期待できる利点があります。

しかし、テンプレートの使用のみに留まらないカスタマイズ、ドメインの所有権の確保、運用管理費用の予測、見積もりの明確化、最低契約期間の有無の確認、そしてサービスの範囲の明確化は重要な検討点です。

低予算でのホームページ制作には、オリジナリティの欠如、SEO対策の不足、プロフェッショナルな印象の薄れ、サポートとコミュニケーションの不足などのデメリットがあります。

これらのデメリットを理解し、予算内で最大限の価値を引き出すためには、事前の準備と正確なニーズの把握が不可欠です。

結局のところ3万円でホームページを外注する際は、予算、品質、機能性のバランスを慎重に考慮し、将来的なサイトの運用や拡張性も視野に入れた上で、最適な制作パートナーを選ぶことが成功への鍵となります。

LINEから無料相談