ホームページ制作

ホームページ制作の費用相場は?制作ページの種類別や依頼先のケースで詳しく解説

「ホームぺージの制作を依頼するときの費用や相場はどんな感じ…?」
「ホームぺージ作成ってフリーランス個人に任せたほうが安い?…」

ホームぺージの制作費用は、制作目的/依頼先/オプションなどで大きく変わってきます。

ですがどこに依頼すれば安く済むのか分かりにくく、なかなか発注に踏み切れないこともあることでしょう。

今回はそんな方に向けて、ホームページ制作の費用相場について詳しく解説。

費用相場とあわせて、どうすればホームページ制作を安く依頼できるのか詳細なポイントも解説します。

さらに当記事後半では、ホームページの制作依頼にあたってオススメのサービスも紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

目次
  1. ホームページ制作の費用相場【制作ページの種類別】
  2. ホームページ制作の費用相場【依頼先別】
  3. ホームページ制作の費用内訳を解説
  4. ホームページを安く制作してもらうには?
  5. 安くホームページを制作してもらうなら「フリーランス個人」に依頼するのがオススメ!
  6. ホームページ制作なら実績豊富な「びるどる」で!
  7. まとめ~ホームページ制作の費用相場を把握しておこう~

ホームページ制作の費用相場【制作ページの種類別】

ホームページ制作を制作会社に依頼するときの、制作ページごとでの費用相場は以下のとおりです。

ランディングページ(LP) 10万円~50万円
コーポレートサイト/店舗サイ 小規模な企業:15万円から65万円
中規模な企業:30万円から125万円
大規模な企業:150万円~
採用サイト 50万円~150万円
オウンドメディア CMSの有料テーマを使用する場合:20万円~50万円程度
オリジナルデザインで制作する場合:50万円~100万円程度
※より高度な機能やデザインを求めると100万円以上に

ランディングページ(LP)の費用相場

一般的にランディングページは1ページ構成であり、他のウェブページと比較して制作コストが低く抑えられる傾向にあります。

費用の相場は10万円から50万円程度とされており、ページのボリュームやデザインの複雑さによって異なります。

またランディングページは魅力的なビジュアル、クリアなCTA、説得力のあるコンテンツを組み合わせることで、訪問者を特定のアクション(例:購入、お問い合わせ)へと導くことを目指しています。

したがって制作の際はデザインの品質やUXに注力することが多く、こうした要素は最終的な費用に影響を与える要素にもなります。

またレスポンシブデザインの適用やSEO対策、ソーシャルメディアとの統合など、追加機能の導入によっても費用は変動することがあります。

コーポレートサイト/店舗サイトの費用相場

依頼する側の企業規模や要求に応じて、ホームページ制作の費用は大きく異なります。

企業規模 費用相場 制作ページ数
小規模な企業 15万円から65万円 10ページ前後
中規模な企業 30万円から125万円 30ページ前後
大規模な企業 150万円~ 80ページ以上

特に大企業のサイトは、高度なカスタマイズや機能追加が必要になることが多く、それに伴い費用も高額になる傾向があります。

またコーポレートサイトや店舗サイトの場合、制作方法によっても費用が異なります。

WordPressなどのCMSのテンプレートを使用した場合、20万円から50万円程度が相場です。

これに対してオリジナルデザインでの制作は、50万円から100万円程度が一般的です。

また集客目的の高機能なサイトの場合、100万円以上の予算が必要になることも珍しくありません。

こうしたサイトではUXの向上やブランドイメージの強化に重点を置くため、そのぶんデザインや機能のカスタマイズに多くのリソースが投入されます。

採用サイトの費用相場

採用サイト制作の費用は、その内容やデザインにより大きく変動します。

予算を抑えた基本的な採用サイトなら10万円以下での制作もできますが、オリジナルコンテンツやデザインを重視した場合、制作費用は50万円から150万円程度になることが一般的です。

採用サイトの特徴として、コンテンツ制作と運用・保守にかかる費用が他のウェブサイトと比べて高い傾向があります。

たとえば企業の魅力を伝えるための代表者や先輩社員へのインタビュー、職場の日常風景の撮影、業務内容の詳細な説明など、取材が必要なコンテンツを作成する場合、作業時間の増加と共に費用も上昇します。

また、近年はソーシャルメディアとの連携やドローンを使用した動画コンテンツなど、新しい技術を取り入れた採用サイトも増えており、そのような高度な機能や創造的なコンテンツを加えることで、費用は60万円から200万円程度になることもあります。

さらに会社説明会の予約フォームなど、特定の機能を必要とする場合も多く、これらの要素は総合的な制作コストを高める要因となります。

オウンドメディアの費用相場

オウンドメディアの制作にはCMSの有料テーマを使用する場合と、オリジナルデザインで制作する場合があります。

制作方法 ホームページ制作の費用相場
CMSの有料テーマを使用する場合 20万円~50万円程度
オリジナルデザインで制作する場合 50万円~100万円程度
※より高度な機能やデザインを求めると100万円以上に

オウンドメディアの重要なのは、WebマーケティングにおけるSEO対策を強化することです。

記事のタイトルや本文の見せ方、SNSへの連携、その他の内部構造など、細部にわたる配慮も必要です。

またブログの作成自体は高額になることは少ないものの、日々更新する記事コンテンツの執筆にはコストがかかります。

これらの要素は、オウンドメディアの制作および運営コストに影響を与える重要なポイントです。

ホームページ制作の費用相場【依頼先別】

ホームページ制作を依頼先の種類ごとで分けたときの費用相場は、以下のとおりです。

依頼先 ホームページ制作の費用相場
ホームページ制作会社 中小規模の制作会社:30万円~100万円程度
大手制作会社:100万円以上
広告代理店 制作費用の2割から5割程度が広告代理店の仲介手数料として加算される
フリーランス 10万円~50万円程度

ホームページ制作会社に依頼するときの相場

ホームページ制作会社に依頼する際の費用相場は、依頼する会社の規模やサービス内容によって大きく異なります。

依頼元の会社規模 ホームページ制作の費用相場
中小規模の制作会社 30万円~100万円程度
大手制作会社 100万円以上

制作会社に依頼する最大のメリットは、専門家による高い技術力と経験にもとづく質の高いWebサイト制作です。

要望を丁寧に聞き取り、ユーザーに響くデザインや機能を実現できます。また、小〜中規模の制作会社ではコミュニケーションを直接とりやすく、細かい要望の実現も期待できます。

しかしこのような専門的なサービスには相応の費用が伴い、特に更新作業に関しても追加費用が発生することが一般的です。

更新費用はページ数や内容によって異なり、1ページあたり2万円から3万円程度かかることもあります。

そのため制作会社に依頼する際は、初期制作費用だけでなく、運営・更新にかかる費用も含めた総合的な予算計画を立てることが重要です。

また複数の会社から見積もりを取り、サービス内容と価格を比較・検討することが望ましいです。

広告代理店に依頼するときの相場

広告代理店にホームページ制作を依頼する場合、主に集客施策のサポートが前提となります。制作自体は外部の専門会社に委託されることが一般的で、代理店はニーズに合わせた最適な制作会社を紹介します。

この際、制作費用の2割から5割程度が広告代理店の仲介手数料として加算されるため、全体の費用は高くなる傾向にあります。

広告代理店を利用するメリットは、ホームページ制作後の集客に至るまでのトータルサポートを受けられる点です。

Webサイトの制作からブランディング、集客施策に至るまで、広告代理店はその分野でのノウハウを活かし、クライアントのニーズに応じたサービスを提供します。特に集客に特化したWebサイト制作が求められる場合、広告代理店の強みを活かせます。

しかし広告代理店自体はWebサイト制作の専門技術を持たず、制作を外注するため、直接制作会社に依頼するよりも割高になることがほとんどです。

したがって費用を抑えたい場合や、制作費用のみを考慮する場合には、広告代理店を経由することは適していません。

フリーランスに依頼するときの相場

フリーランスにホームページ制作を依頼する場合、費用相場は一般的に10万円から50万円程度となります。

フリーランスのWebデザイナーやエンジニアなどが個人で対応するため、制作会社や広告代理店と比較してコストをグッと抑えられます。

フリーランスの選択肢は、クラウドワークスやランサーズなどのフリーランスマッチングサービスにより豊富になり、条件に合った専門家を探しやすくなっています。

ただしフリーランスはスキルや経験に個人差があるため、依頼する相手を選ぶ際はその技術力や過去の実績を十分に検討する必要があります。

フリーランスに依頼するメリットは、低コストで高品質なサービスを受けられることと、迅速な対応ができることです。

しかしフリーランスとの連絡が途絶えるなどのトラブルも考えられるため、信頼できるフリーランサーを選ぶことが重要です。

全体的に、フリーランスはコストを抑えつつもクオリティの高いホームページ制作を求める場合に適しています。

ただし安定したサポートや継続的な更新作業を希望する場合は、より大きな組織や専門会社に依頼するのがおすすめです。

ホームページ制作の費用内訳を解説

ホームページ制作を外注する場合、具体的にどんな部分で費用が発生するのかを見ていきましょう。

Webデザイン費

ホームページ制作におけるWebデザイン費は、サイトの視覚的魅力とユーザビリティを高めるために重要な要素です。

この費用はページ数、使用する写真や画像の素材、デザインの複雑さにもとづいて算出されます。

また通常、Webサイトは「トップページ」とその他の「下層ページ」に分けられ、それぞれに異なる単価が適用されます。

制作するページの種類 詳細
TOPページ サイトの第一印象を決める重要なページで、費用は一般に8万円から20万円程度です。トップページはデザインの作り込みが必要で、しばしば最も高い費用がかかります。
下層ページ トップページに比べて機能やデザインがシンプルな場合が多く、1万円から5万円程度の費用で済むことがあります。

またレスポンシブデザインなど、異なるデバイスに対応するための追加費用も発生する可能性があります。

これはデスクトップやスマートフォンなど、異なるデバイスでウェブページが適切に表示されるようにするための技術です。

デザインだけを外部に依頼する場合、TOPページは2万円から10万円、下層ページは1万円から2万円程度が一般的な相場となります。

これはコーディングなど他の作業が、自社内または別の業者でおこなわれる場合の費用です。

要するに、Webデザイン費はプロジェクトの規模やデザインの要求に応じて大きく変動し、トータルコストに影響を与える重要な要素といえます。

サイトディレクション費

ホームページ制作におけるサイトディレクション費は、プロジェクトの管理進行に関わる重要な費用です。

Webディレクターがプロジェクトの進捗管理や全体指揮を担うことに対する費用であり、プロジェクトの成功に不可欠な役割を果たします。

この費用は、一般に見積もり総額の10%から30%が相場とされています。また、具体的な金額においては、5万円から20万円程度で算出されることが多いです。

計算方法は制作会社によって異なることがあり、プロジェクト全体の見積もりにもとづいて一定割合をかける方法や、Webディレクターの1日あたりの単価に作業日数を掛ける方法があります。単価の相場は4万円から6万円とされています。

ディレクション費はプロジェクトの管理進行という基本的な役割を果たすため、全体の費用内訳において重要な位置を占めます。

Webディレクターの専門知識と経験が、プロジェクトの効率的かつ効果的な運営に寄与するため、この費用はホームページ制作の質を左右する重要な投資といえます。

コンテンツ費

ホームページ制作におけるコンテンツ費は、Webページに組み込むテキスト、画像、動画などの素材制作に必要な費用を指します。

この費用は素材の種類や量によって異なり、以下のような価格帯が一般的です。

制作するページの種類 詳細
テキスト  1文字あたり0.5円から数円が相場です。専門性の高いテキストや独自のリサーチを要する内容は、価格が高くなる傾向にあります。
画像 素材によって数千円から50万円までと幅広いです。プロのフォトグラファーによる撮影や特注のイラスト制作は高額になります。
動画 10万円から200万円以上が考えられます。動画の長さや制作の複雑さ、特別な効果の要否などによって費用は大きく変動します。

また、記事やホワイトペーパーなどのコンテンツ作成には、記事1点あたり数万円から10万円程度が一般的な相場です。

ただし、フリー素材の活用や自社内での素材制作によってコンテンツ費を抑えられます。

コンテンツ費は、ホームページのクオリティや魅力を左右する重要なポイントであり、それぞれの素材に応じた適切な投資が求められます。

ただしコストパフォーマンスを考慮しつつ、最終的な目的に沿った選択をとるのが重要です。

コーディング費

コーディング費は、Webページを実際に構築する際に必要な、HTMLやCSSなどのコンピュータ言語を使用する作業にかかる費用です。

CMS(コンテンツ管理システム)を利用する場合、コーディング費は大幅に削減されるか、または発生しない場合もあります。

しかしオリジナルのWebページをゼロから制作する場合、特に高度な機能を要するサイト構築では、コーディング費が主要なコストとなります。

一般的なコーディング費の相場は、1ページあたり1.5万円から6万円程度です。この費用は、ページの複雑さや要求される機能、デザインの詳細度によって異なります。

たとえばTOPページをはじめとした重要なページは、より高度なコーディングが必要であり、その分費用が高くなることがあります。

またCMSを使用する場合は、ノーコードツールの利用により、コーディング作業なしでWebページを構築できるためコストを抑えられます。

しかし独自のカスタマイズや特定の機能実装が必要な場合は、コーディング費が必要となります。

全体として、コーディング費はプロジェクトのニーズや要求される技術レベルによって大きく変動し、Webサイト全体の費用に影響を与える重要な要素です。

システム構築・開発費

ホームページ制作におけるシステム構築・開発費は、デザイン制作とコーディングが完了した後に着手されるプログラミングやシステム開発作業にかかる費用です。

この段階ではCMS(コンテンツマネージメントシステム)の構築や、Webページで必要とされる各種機能の実装がおこなわれます。

システム開発にはさまざまな要素が含まれ、それぞれに異なる費用が発生します。一般的な相場は以下の通りです。

開発・構築するもの 費用相場・詳細
メールフォーム(お問い合わせフォームなど) 1万円から5万円程度。フリーソフトを使用することで費用を抑えることも可能です。
CMSの導入(特にWordPressなど) 2万円から。CMSを用いることで、ユーザー自身でウェブサイトの更新が可能になります。
アニメーションの実装 数万円から。JavaScriptを用いた動的な演出は、制作会社によって費用が異なります。
ECショップの開発 30万円から500万円。開発の複雑さや機能によって大きく変動します。
データベースの構築 50万円から。検索機能などデータベースを利用するシステムに必要です。

SEO対策に関するコンサルティングもシステム開発の一部として考慮されることがあり、その費用相場は10万円からが一般的です。

システム開発費はWebサイトの機能性や使い勝手に直接関わるため、ホームページの全体的な品質を左右する重要な要素です。

長期的な運用効率やランニングコストの削減を考慮して、適切なシステム構築が重要となります。

ホームページを安く制作してもらうには?

ホームページ制作にはWebデザインやディレクション、コーディングなどなど、何かと費用がかさみます。

ではなるべく制作費用を抑えるにはどうすれば良いのか。具体的には以下のとおりです。

  1. ホームページで使うコンテンツを自社で用意する
  2. ホームページの制作目的を明確にしてから制作会社に依頼する
  3. 自社で更新しやすいホームページを制作してもらう
  4. 複数の依頼先から相見積もりをとる
  5. 依頼先のテンプレート機能を活用する
  6. 依頼先に作業内容を明確に共有する
  7. 制作してもらうページ数や機能数を最小限に抑える
  8. 追加費用の発生について検討する
  9. 国や自治体の補助金・助成金を活用する

ホームページで使うコンテンツを自社で用意する

テキスト、写真、画像、動画、ロゴなどの素材は、ホームページにオリジナリティを加える上で欠かせません。

これらの素材を外部に依頼すると、多額の費用がかかる可能性があるため、自社で準備することでコストを大幅に削減できます。

自社でできる作業は商品の登録、写真撮影、キャッチコピーやテキストの作成、バナーの制作など多岐にわたります。これらの作業を自社で担当することで、制作会社への依頼範囲が減り、結果としてホームページ制作費を抑えられます。

ただし自社で制作する場合は、作業量の管理とコンテンツの品質に注意が必要です。

慣れない作業による過度な負担や品質の低下は、結果的にホームページの効果を損なう可能性があります。

そのためプロに任せるべき作業と自社で行うべき作業を適切に見極め、制作会社との協力のもとでバランスよく進めることが重要です。

ホームページの制作目的を明確にしてから制作会社に依頼する

ホームページ制作を安価に進めるためには、まず明確な制作目的を定めることが重要。

具体的に「誰に」「どうやって」「どんなアクションを取ってもらいたいか」を事前に検討しておく必要があります。

たとえば売上増加のために特定のターゲット層(例えば20代の女性)にアプローチし、具体的な数値目標(例えば購入数を10%増加させる)を設定するなど、具体的で明確な目標を持つことが重要です。

依頼者がホームページの目的を明確にしていない場合、目的を具体化するためのヒアリングが必要になり、作業工程が増え、結果的にコストがかかってしまうことがあります。

「集客用のホームページならSEO対策を重視」「ビジュアル面でのブランディングが目的ならデザインを優先」といったかたちで、目的に応じて要素に優先順位をつけることも有効です。

目的が明確であれば、その目的に合致する得意分野を持つ制作会社を選ぶことができ、無駄な工程や費用を削減できます。

集客重視なら集客に強い制作会社に、デザイン重視ならデザインに強い制作会社に依頼することで、効率的かつコスト効果の高いホームページを制作してもらえます。

自社で更新しやすいホームページを制作してもらう

ホームページ制作を安価に抑えるには、自社で簡単に更新できる仕様にすることが重要です。

ホームページにCMS(コンテンツ管理システム)を搭載すると、ニュース更新やブログ記事の投稿、コンテンツの変更など、日常的なメンテナンスを自社で手軽にできます。

これにより、制作会社に依頼するたびに発生する追加費用や更新遅れを防げるわけです。

ホームページは「作って終わり」ではなく、企業の成長や市場の変化に合わせて継続的に更新し続ける必要があります。

自社で容易に更新ができるようにすることで、サイトを「育てる」意識を持ち、長期的な運用を考えることが大切です。

また社内にホームページ更新作業ができる人材がいる場合、更新の頻度を増やし、より迅速な情報提供ができます。これはホームページの魅力を維持し、訪問者に新鮮な情報を提供し続けるためにも重要です。

全体的に自社で更新しやすいホームページを制作することは、コスト削減だけでなく、効率的なWebサイト管理にも寄与します。

制作会社にはこのような要件を伝え、更新しやすい構造のホームページを依頼しましょう。

複数の依頼先から相見積もりをとる

ホームページ制作を安価に行うためには、複数の制作会社から相見積もりを取ることが重要です。

同じ依頼内容であっても、制作会社によって見積り金額や提供されるサービス、対応範囲は異なります。

最低でも3社以上から見積もりを取り、それぞれの提案を比較・検討することで、費用対効果を最大限に引き出せます。

なお見積りをとる際、単に費用が安いだけの制作会社を選ぶのは避けるべきです。

安価な提案をする会社が、必ずしも高品質なサービスを提供するとは限らず、結果的にトラブルに繋がるリスクがあります。

たとえば期待通りに動作しない、修正指示が多くなる、担当者とのコミュニケーションが困難などの問題が生じる可能性があります。

相見積もりを取る際は、費用だけでなく制作会社の強み、実績、担当者との相性なども考慮し、総合的に判断することが大切です。これにより、予算内で質の高いホームページを制作してもらうことができます。

依頼先のテンプレート機能を活用する

多くの制作会社やサービスでは、さまざまな業種や用途に合わせたテンプレートを用意しています。

これらのテンプレートを利用することで、デザインやレイアウトの基本的な部分があらかじめ設定されており、カスタムデザインを依頼するよりも大幅に制作コストを削減できます。

テンプレートを利用する場合はWEBデザイナーの作業が少なくなり、カンタンな作業でホームページを構築できるため、工数と費用を節約できます。

しかし細かいこだわりや独自のイメージを持つ場合、テンプレートを使用する方法は向いていない可能性があります。

テンプレートは標準化されたデザインを提供するため、特別な要件や独自性を重視する場合には適さないことがあります。

テンプレートの活用は、費用を抑えつつ効率的にホームページを制作する点で有効的ですが、制作するホームページの目的や必要な機能、デザインの独自性などを考慮して、最適な方法を選ぶことが大切です。

依頼先に作業内容を明確に共有する

ホームページ制作を安価に進めるためには、作業内容を依頼先と明確に共有することも極めて重要です。

具体的な作業範囲、デザインイメージ、運用方針、サイトマップなどの要素を事前にしっかりと決定し、制作会社に正確に伝えることで、不要な作業や機能の追加を避け、余計な費用の発生を防止できます。

作業範囲・運用方針を明確化する

どの作業を発注者側がおこなってどの作業を制作会社が担当するかと、ホームページ公開後の更新計画やCMSの導入など、運用に関わる要素をそれぞれ決定します。

たとえば掲載する写真やテキストの準備、サイトの公開作業、サーバーやドメインの準備などが含まれます。

デザインイメージの明確化では、ユーザーに与えたい印象や伝えたいイメージ、参考になる他社のサイトなどを具体的に伝えることが重要です。

これにより制作会社とのイメージのズレをなくし、効率的な制作プロセスを実現できます。

サイトマップを明確化する

制作するサイトのページ数や構造を事前に把握し、見積もりに反映させます。

これらの要素を事前に正確に共有することで、無駄なコストを削減し、効果的なホームページ制作ができます。

制作してもらうページ数や機能数を最小限に抑える

最初は必要最小限のページからスタートし、必要に応じて徐々に拡張していくアプローチが効果的です。

これによりデザインやコーディング、コンテンツ作成などの初期作業にかかる費用を軽減でき、失敗するリスクも小さくなります。

具体的には、ホームページ上で提供したいコンテンツを事前に整理し、それぞれに優先順位を付けることが重要です。

最優先されるコンテンツから制作を開始し、関連性の高いコンテンツを一つのページにまとめることも有効です。

ただし単にページをまとめるだけではなく、各コンテンツの目的や役割を考慮し、バランスを取りながら適切に統合することが求められます。

またホームページ制作の際は、ホームページ制作会社と十分に相談し、どのコンテンツをどのようにまとめるか、内容を簡略化するなどの効果的な対策を講じることが大切です。

このアプローチにより、予算内で質の高いホームページを制作してもらいやすくなります。

追加費用の発生について検討する

ホームページ制作を安価に進めるためには、追加費用の発生について慎重に検討することもポイントです。

特にプログラムやシステムとの連携が必要な複雑な要件がある場合、見積もり金額は高くなる傾向にあります。このため、自社にとって本当に必要な機能かどうかを見極めることが重要です。

たとえばECサイトを制作する場合、カート機能のような必須のサービスは別途大きな予算を必要とします。

またお問い合わせフォームや顧客管理システムとの連携など、追加の機能が必要な場合も追加費用が発生します。

制作の計画段階で、実用面で足りない機能がないかを制作会社と一緒に確認し、必要な機能と追加費用について総合的に検討することも大切です。

ホームページ制作においては、機能の追加やカスタマイズにより費用が増加する可能性があるため、最初の見積もり段階で可能な限り正確な情報を提供し、予算内で制作をおこなうための計画を立てることが重要です。

また、追加機能に関しては、長期的なメリットやコストを考慮して決定することが求められます。

国や自治体の補助金・助成金を活用する

国や地方自治体から提供される補助金や助成金を活用すると、ホームページの制作費用を安く抑えられます。

こうした公的支援は特に中小企業や小規模事業者に向けて提供されることが多く、ホームページ制作に関連する費用の一部を補助してもらえます。

補助金・助成金名 補助額 詳細
IT導入補助金 5万円~450万円 ITツールの導入費用を補助。ホームページ作成やクラウドツールの導入に関連する費用が対象。
小規模事業者持続化補助金 50万円~250万円 Webサイト関連費用を補助。
事業再構築補助金 100万円~1億5,000万円
※上限額は従業員規模ごとで異なる
広告宣伝や販売促進費用を補助。

※2023年2月現在の情報です

これらの補助金・助成金を利用することで、ホームページ制作に関わる費用の25%~75%が補助される可能性があります。

ただし補助金・助成金の申請には一定の条件や審査を受ける必要があり、期間が限定されていることもあります。

また審査基準が厳しいものもあるため、申請書類の準備や審査プロセスを正確に理解し、計画的に申請することが重要です。

安くホームページを制作してもらうなら「フリーランス個人」に依頼するのがオススメ!

ホームページの外注先は制作会社、フリーランスなどさまざまありますが、費用面が気になるのであればやはりフリーランスへの依頼がおすすめです。

ホームページ制作会社より安く依頼できる

以下の表で制作会社、広告代理店と相場を比較すると、費用をグッと抑えられることが分かります。

依頼先 ホームページ制作の費用相場
ホームページ制作会社 中小規模の制作会社:30万円~100万円程度
大手制作会社:100万円以上
広告代理店 制作費用の2割から5割程度が広告代理店の仲介手数料として加算される
フリーランス 10万円~50万円程度

フリーランスは制作会社に比べて固定費が少ないため、一般的に制作費用の相場が安い傾向にあります。

これはオフィスの家賃や大規模な経営コストなどが発生しないためであり、フリーランスはこのコスト削減の恩恵を料金設定に反映させられます。

またフリーランス同士の競争が激しく、案件を獲得するために単価を低く設定することも、料金が安くなる理由の一つです。

円滑なコミュニケーションをとりやすい

多くのフリーランスは案件の全工程を一人で担当するため、案件定義からサイト設計、コーディング、デザインに至るまで、直接的なやり取りができます。

細かなニュアンスの調整をしやすく、迅速なフィードバックを受けられるのもポイントです。

一報でWeb制作会社や広告代理店の場合は、窓口の担当者を通じたコミュニケーションが必要となり、回答までに時間がかかることや情報の伝達に齟齬が生じる恐れがあります。

しかしフリーランスの場合は担当者が1人であるため、よりスムーズでシンプルなコミュニケーションを実現できます。

その結果、制作過程での誤解を減らし、プロジェクトの進行をスムーズに進められるわけです。

柔軟な対応をしてもらいやすい

フリーランスは通常1人で案件を担当するため、依頼主の要望に対して迅速かつ柔軟に対応してもらいやすいです。

これにより短期間の納品要求や小規模な案件、制作途中での詳細な変更など、さまざまなニーズに応えられます。

Web制作会社や広告代理店では、複数のスタッフが案件に関わるため、小さな案件や特殊な要望に対しては受注を断ることがあるのに対し、フリーランスは小規模な案件や特別な要望にも柔軟に対応できる傾向があります。

小さなプロジェクトや特殊な要件に対しても、フリーランスは顧客のニーズに合わせたカスタマイズされたサービスを提供できるため、特に予算が限られている場合や独特の要望がある場合には非常に有効です。

このようにフリーランスにホームページ制作を依頼することで、コストを抑えつつも、依頼者の細かな要望に応じた柔軟な対応を期待できます。

ホームページ制作なら実績豊富な「びるどる」で!

びるどる_300_250

「びるどる」は、wEBサイト制作を希望するクライアントと、全国のサイト制作専門のエンジニアやデザイナー、コンサルタントをマッチングするサービスです。

フリーランス個人に制作依頼を出せるから制作費が安い

びるどるではホームページ制作をフリーランス個人に契約依頼でき、制作費を安価に抑えられるのがポイントです。

制作してもらうサイトの種類 制作料金(目安) 詳細
小規模サイト 50,000円~ 個人のホームページ、コーポレートサイトなどの制作。
大規模サイト 300,000円~ ページ数の多いポータルサイト、事業プロジェクトのサイト制作。
ブログサイト 30,000円~ SEOに強く高アクセスを狙うサイトの制作。
ECサイト 30,000円~ 個人/法人問わずにすぐ利用できるECサイトの制作。

さらにびるどるでは期間限定で、ホームページの制作料金をグッと抑えられるキャンペーンを開催中!

【びるどる-SP】3月-CPバナー

よりおトクにコスパ良く制作してもらいたいときは、ぜひ当キャンペーンを活用してみてくださいね。

専属コンシェルジュが最適なフリーランスを紹介してくれる

びるどるではユーザー一人ひとりに「専属コンシェルジュ」が担当としてつきます。

制作してもらいたいホームページについてのヒアリングをしてもらうことで、最適なフリーランスを複数名紹介してくれます。

そのフリーランスの制作実績・制作スキルなどをご覧いただき、気に入った方とマッチングすることで制作を依頼できます。

もちろんフリーランスの制作状況については、定期的な確認も可能です。

びるどるLINE登録のボタン-20231215

びるどるフォームからの相談ボタン-20231215

まとめ~ホームページ制作の費用相場を把握しておこう~

今回は、ホームページ制作の費用相場について詳しく解説してきました。

改めて解説してきた内容をまとめると、以下のとおりです。

【制作ページの種類別】

ランディングページ(LP) 10万円~50万円
コーポレートサイト/店舗サイ 小規模な企業:15万円から65万円
中規模な企業:30万円から125万円
大規模な企業:150万円~
採用サイト 50万円~150万円
オウンドメディア CMSの有料テーマを使用する場合:20万円~50万円程度
オリジナルデザインで制作する場合:50万円~100万円程度
※より高度な機能やデザインを求めると100万円以上に

【依頼先別】

依頼先 ホームページ制作の費用相場
ホームページ制作会社 中小規模の制作会社:30万円~100万円程度
大手制作会社:100万円以上
広告代理店 制作費用の2割から5割程度が広告代理店の仲介手数料として加算される
フリーランス 10万円~50万円程度

上記のとおり、ホームページ制作の費用相場はページタイプや制作会社の規模により異なります。

なかでもフリーランスなら10万円から50万円程度で依頼でき、制作会社や広告代理店よりもかなり低コストで済みます。

またホームページ制作にはデザイン、ディレクション、コーディングなどの費用が含まれ、国や自治体の補助金・助成金の活用もできます。

そしてフリーランス個人にホームページ制作を依頼するときは、制作実績が豊富な「びるどる」を活用し、まずは制作にあたっての相談から始めてみてくださいね。

びるどる_300_250

びるどるLINE登録のボタン-20231215

びるどるフォームからの相談ボタン-20231215

LINEから無料相談